本文へスキップ

ビオ・ラビットは出張料理人、食品加工製造・販売、フードコーディネーターとして幅広く営業中です。

TEL. 0772-27-0141

〒629-2243 京都府宮津市難波野335-12

見出しHEADLINE

 新着情報

 新シリーズ・Nutrition Delicious 
ヨガ・分子栄養学を専門とする川内紀子先生を商品開発部に迎えて、
ヘルシーとグルメの両方を叶えた商品ができました!!

栄養調味料6点セット(オーガニック・シリーズ)

サーディンソース アンチョビペースト
オニオンドレッシング バオバブ&サフランドレッシング
カルパッチョソース ヴィアンドソース



添加物はもちろん、砂糖もつなぎも一切使用していません。
酸味がガツンと効いていて肉や魚の脂肪分ととても相性が良いのが特徴です。
オイルは最高級のオリーブオイルのみを使用。
冷蔵すると固まりますが、それこそが混ざり物のない証拠です。

ビオ・ラビット商品一覧へ

プロフィール

対馬 則昭 (つしま のりあき)    1963年1月15日生まれ 
(実家は餅屋兼仕出し料理を営む中、父親は猟師の為食事はほぼ毎日ジビエ料理を食べ育つ)
※ジビエ=野生の鹿、熊、うさぎ、キジ、鴨など


  • 1981年 ・地元の高校を卒業後、料理界の東大 辻調理師専門学校にてフランス料理を専行
    当時唯一フランス三ツ星 『ロワジス』 の直営店 『ル・ランデブーグリル』 にてアルバイト
    『ルイ・ウーティエ氏』 や 『ステファン・ランボー氏』 と出会う
  • 1982年 ・京王プラザホテル札幌 『レストラン ポンペルモ』 にオープン入社
    その後道内のオープンを含む3か所のホテルで修行
  • 1990年 ・オープンホテルの料理長として27歳で就任
  • 1993年 ・3月 北海道を離れ京都府宮津ロイヤルホテル
    開業準備室を経て7月オープンスタッフとして従事
  • 2000年 ・天皇皇后両陛下の夕食 及び 京都府行幸啓
    『第20回全国豊かな海づくり大会』 レセプション料理を担当
  • 2002年 ・洋食調理長に就任 
    フランス三ツ星レストラン 『ピエール・ガニエール氏』
     『坂井宏行氏』 『陳健一氏』 『田崎慎也氏』など数々の美食イベントで饗宴
  • 2004年 ・約1年の準備期間を経て 『第11回アレルギーの会全国交流会』 を開催、
     240名の夕食ビュッフェ、朝食、弁当を提供
  • 2008年 ・オーガニックレストラン 『マリンテラス ビオ・ラビット』 を開業
  • 2009年 ・究極の調理法 『土煮』 を発見 ※2013年2月8日 京都新聞に掲載
    ・二胡、アイリッシュハープ、クロマティックハーモニカ等の楽器演奏とのコラボイベントを企画
    ・レストランの傍ら地域への食のアドバイザーや食育授業、料理講習会や商品開発に係る
  • 2017年 ・自宅を改修し 『マリンテラス ビオ・ラビット加工所』 を設立 
    出張料理人、食品加工製造・販売、フードコーディネーターとして幅広く営業中





スマートフォン版